超ISO企業研究会

超ISO企業研究会について

  • HOME >
  • 超ISO企業研究会について >
  • 超ISO企業研究会とは

超ISO企業研究会とは

超ISO企業研究会

日本の企業を強くし、輝く経済社会を創出するために、 今、改めて取り組むべきは 『品質重視』 の経営です。 「顧客ニーズを汲み取り、自社の強みを十分に認識した上で、 商品・サービスの品質を上げ、戦う場所を熟慮する」 『品質経営』を徹底し続けることが、自律し、 持続的に成長する企業経営の真髄であると、私たちは考えています。 『品質経営』に取り組むあらゆる組織をサポートする最強のパートナー、 それが、超ISO企業研究会です。 当研究会紹介パンフレットのダウンロードはこちらから

当研究会は現在4つの事業を推進中です。

①研究事業-各ワーキンググループ(WG)に分かれて分野別に研究

●ツールWG
品質経営のための実践ツールを開発。現在23種のツールがあります。
●適用WG
開発した実施ツールを組織に通用しコンサルティングを実施。かつその結果をフィードバックし、ツールの改善を実行中。
●導入推進WG
品質経営導入のためのハンドブックの作成、並びにファシリテーターの養成。
●書籍WG
入門書・シリーズ書籍の執筆及び出版。
●附属書SLWG
附属書SLとJIS Q 9005に基づくマネジメントシステム構築ツールの開発。
●品質経営診断WG
JIS Q 9005ベースの「真・品質経営診断」ガイドラインの開発。

最新刊
進化する品質経営一事業の持続的成功を目指して
日科技連出版社(2014/05)
飯塚 悦功(著),住本 守(著),山上 祐司(著),丸山 昇(著),金子 雅明(著) ¥3,024(税込)

③研究事業-研究成果を講演会・セミナーを通じて公開

2014年5月29日 : 「QMSの本質を極め、経営改革につなげる」セミナー開催
2014年9月25日 : 「進化する品質経営」フォーラム開催
2015年 : 「真・品質経営セミナー【概念編】」(予定)
2015年 : 「真・品質経営セミナー【ツール体験編】」(予定)
2015年 : 「真・品質経営セミナー【QMSモデル編】」(予定)
2015年 : 「真・品質経営セミナー【ツール実践編】」(予定)
2015年 : 「QMS内部診断員養成コース」(予定)

共同研究事業-研究成果を講演会・セミナーを通じて公開

超ISO企業研究会開発の実施ツールを活用した組織競争力強化の取組み
超ISO企業研究会開発の実施ツールを活用した組織競争力強化の取組み
2014年度事業一覧のダウンロードはこちらから